僕は野球歴というか野球を知って20年になりますが、なんと正しいボールの握り方すら知らなかったというお恥ずかしい事実が分かりました。

というのも先日紹介したMFTさんのボールの握り方を見て気付いたんです。

ボールの握り方

正しいボールの握り方

正しいボールの握り方を知らなかった!

僕は4シーム2シームくらいは分かるのですが、縫い目の向きまで気にしていませんでした。

4シームで真っすぐを投げていたのですが、遊びの草野球でピッチャーをやっていたときよくボールが抜けていました。

つまりシュート回転するクセがあると思い込んでいたのですが、恐らく正しいボールの握り方ができていなかったため抜けていたんじゃないか?と気付きました。

右手投げの場合、中指の方が長い為『つ』の字の上側に指をあてなければいけません。

つの字の上側の縫い目は左下に下るような縫い目をしています。

そこに指の長さが違う人差し指と中指を置くことで指にかかった球を投げることができるようです。

僕はおそらく2本の縫い目に指を被らせて投げればいいとぐらいにしか思っていなかった為、つの字と逆のCの字に指を被らせていることがしばしばあったはずです。

さらにボールを支える親指の位置も定まっておらず、親指の少し横をボールの中心の下に置くことも知らなかったのでしっかり体に覚えさせていきたいです。

それがボールの抜ける原因なのかは分かりませんが、とりあえず基本さえできていなかった事を反省して習得していきたいと思います。